大切な日々の記録

05/08/19 (後)今日こそが本当の甲子園日和

 さあ、ばかな話はこれくらいにして、宇部商VS京都外大西の試合。宇部商業も実は清峰と同じく県立高校なんですよね。最後の県立。応援してるぞ~!京都を倒せ!と応援。追いつ追われつのシーソゲームでかなりどきどきの面白い試合でした。しかし、勝負の分かれ目は、9回表。8回まで7-6で勝ってた宇部商。ここを守りきると勝ち!だったはずなのにエース4番の好本が3塁・ホームの間での野選を制すことが出来ず、ちょっと怒ってしまって一塁にがむしゃらに投げたのがいけなかった。それをファーストは取れず、その間に2人が還り7-8。その後2点加えられ、裏で1点かえすも及びませんでした。
 たった一つのミスで勝ち負けが多きく左右される高校野球。最後の最後までわからないのがまた面白い。でも宇部商負けて残念だった><。
 第二試合が楽しみにしてた辻内率いる大阪桐蔭VS駒大苫小牧。松坂みたいに準決勝は休みだったら泣けるという不安をよそに、8番ピッチャー辻内。しかし、なかなか150キロの速球を見せてくれない辻内から駒大は容赦なかった。2回に5点を一気に加え大阪桐蔭を突き放す。その後、お互い眠たくなるような試合をし、駒大の余裕勝ちかと思わせていた、7回裏、辻内の目の覚める2ランホームランなどで3点を返し、8回裏にも2点。5-5で確実に流れは大阪桐蔭のものだった。しかし、延長10回で1点とられ、そのまま駒大苫小牧の勝ちだった。
 大阪桐蔭は平田や辻内がいるから期待してたのに、応援してる今日に限って調子が良くなかったのが残念だった。辻内の150キロ越えは4,5球しかみれなかったけど、やっぱ生で見るとやばいくらい早い。あれをみ見てると打てる人はすごいなと思ってしまう。
 ということで終わった試合だったが、テレビでもある程度の感動が伝わってくる高校野球、やはり生で観るとなおさらその感動は大きいものだった。テレビではある部分しか映らないけど、生だと監督とバッターの手話やベンチにいる選手の仕草・表情、周りの応援してる人たち、色んなとこを自由に見ることが出来る。試合が終わった後も続く声援を受けて退場していく一人一人の選手達にも感動させられた。1人だったけど応援しに行ってよかったな。
 その後、日焼けし、汗かきまくりの姿で電車で寝たくなかったから、京都タワーの下にある浴場でさっぱりして東京に20日朝5:00頃着きました。
↓辻内投手。ドラフト指名されて有名になるかな?
d0056794_1923925.jpg
d0056794_1945946.jpg

[PR]
by kou0113uk | 2005-08-20 18:39 | 一般
<< 05/08/20 甲子園決勝 05/08/19 (前)今日こ... >>



大切な日々の記録
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30